2021年03月09日

合作したこと。そして作業環境が激変しました。

どうもうなライオン先生(twitter)からネームを貰って合作漫画を描きました。タイトルは「でかことみにこ」。男運の悪すぎる先輩と、その先輩をひっそりと想う後輩の社会人百合です。
合作自体がもう12年ぶりくらいなのと、好きなジャンルのお話だったことも相まって、作業日数3日という仕事か?というペースで6ページを描き上げました。手抜きもせずこのペースはもしかすると最速に近い。
ライオン先生のお話のポイントは、台詞のやり取り(言葉のチョイス)とか間の取り方とか、そういうところに魅力があると思っています。現在連載中のC.N.I.Rも、舞台設定だけ取れば今までにもあった話だけど、何故かドキドキとかキュッとなったりとか、自分では演出の不可能な何かを持っていてとても好きだったりします。今回合作させてもらって、いつもの自分のキャラデザなんだけど、らいおん先生のお話のおかげで二人がとても可愛らしく感じてお気に入りになっています。
123キャプチャ.PNG

秘密にしてるわけではないのでいいますが、これ、続き描いています。
百合好きな人、ライオン先生の作品が好きな人、そしていつも拙作を読んでくれている人にも楽しんでもらえるものに出来るように頑張って描きますね。

番外編の後半?
……お、おう。


液タブを手に入れました。
誕生日と、去年夏に引っ越したお祝いを兼ねて友人がプレゼントしてくれました。ありがとう。めちゃくちゃ嬉しいよ。
描き方(姿勢)のレベルから全てを変えていかなければならず、これは慣れるまでひと月くらい練習が必要かな、と思っていましたが、でかみにの続きを描かなければならないという使命感と、直接描く感覚が楽しすぎて、かなり元のレベルに近づいてきたかも。一番の違和感は筆圧的なところだったりする。板のときは意識してなかったけど、実際結構軽いタッチで描いてたんだなーと自分の筆圧を把握してなかったことにびっくりしています。板タブに付いていたショートカット登録ボタンを多用していたけれど、液タブにはそれがないので左手デバイス(ぼくは左利きなので右手デバイスですが)の購入に踏み切りました。
移行して正解かな?と思っています。完全に体に馴染んだらもっと制作スピードがあがってくれそうな気がしています。たのしみ。
posted by みなと at 00:39| Comment(0) | 雑記