2020年10月29日

8話更新したよ

そろそろ年末までに納品しないといけないものの案件がドサッと入ってきて1馬力(人力?)しかないから少しずつこなしていくという地獄のスケジュールが始まる時期なんだけど、今年は特にまとめて原稿類が送られてきてスケジュールの調整で目が回りそうになっている。約30件が同時に進行しているので流石に進捗が頭から抜け落ちてしまっているものもあって、依頼人から「珍しいね」と笑われてしまう始末。それくらい忙しさ待ったなしの状態で過ごしているんです が!

24(土)〜25(日)のあいだにラフ描き終わって5ページペン入れを終えてsage更新した8話が、10ページ完納で更新完了になりました。やっぱり少し忙しいほうが効率的に時間が使えるってことなんだろうか。
お話の内容は見ての通り(見てわからんところもあるけど…)、ミケ子やタルホとのやり取りを経てそい子の心境に変化が起きているところ。と言っても元々そい子は姉ちゃんが大好きなので、その「好き」の意味合いが少し変化している状態なだけではありますが。
それにしても次回は謎の光源や不必要に濃い湯けむりが活躍する回になるんでしょうかね。いずれにしても終幕に向けて展開スピードが上がっていく感じにしていくつもりです。
最近、少しだけ自分の目指す描線に近づけたかもしれないと思いました。線引いてるときが楽しくて困る(困らん)。

先日、おーぷん2chの新都社板ができたのでバナーを描いてほしいとの依頼があって描かせてもらいました。
おーぷんには他にもお絵かきVipに新都社のスレッドがありますが、そっちはだいぶ荒れていて見るとて憂鬱になることもあるので、基本的にはノータッチです。
ぼく自身は特に叩かれたりとか言うのはなかったみたいですが(そりゃそんなに量も描いてないしな)、「〇〇一派」とかいう派閥になぜか組み込まれていたのだけは訂正しておこうかと思います。新入りで誰が何ともわからなかった上にぼくはそういう派閥とかに依ることが好きではないので。ただ作品傾向が似ている方や絵柄が好みな方、楽しく創作している方と仲良くしてたい、というくらいのスタンスです。趣味友ってやつですよ。しかしまあ無責任な発言や憶測だけで人を決めつけるようなことはやめたほうがいいと思よオジサンはな。
で、新都社板の方はコテ付けても大丈夫な雰囲気もあって穏やかでいい感じに見えました。特別馴れ合ってどうこうという様子でもないし、健全に色んな話ができる場所になればいいのではないでしょうか。板内でたくさんFAも頂けて(後日サイトの方に載せますよ?)嬉しい限りです。ぼくはあまり出張って注目浴びるとしんどくなっちゃうので、時々ラクガキ混じりで参加させてもらえれば嬉しいです。

どう頑張っても年内に終えることは難しい気もするのでのんびりやりますが、今の所目標だった、読み返したときに「オレ頑張ったな!」と思えるくらいには情熱を注いで描いてる気がしています。このまま最後まで突っ走りたいね!

キャプチャ.PNG今回一番描いてて楽しかったのは眼鏡のズレたミケ子さんでした。
次回はそいみぞばっかりになりそうね。
posted by みなと at 00:23| Comment(2) | 雑記

2020年10月15日

7話更新しました

176-176B.png
更新に合わせるようにサムネも変更しました。キャラは変わってもあざとさが変わらないので変更の意味あったん?とも思える。次は誰をサムネにしてやろうか…。

今回はネトゲを(無理矢理)絡めてミケ子さんとタルホくんの関係性を強調する回に。
あんまりギャグ寄りすぎる行動ばかりさせているとミケ子さんが普通のピエロになってしまうので、親・姉・恋人、色んな要素を持ってタルホくんに接していることをアピールさせたいなあと思いました。説明する必要はない部分だけど、ミケ子さんはタルホくんの親に多大な恩義を感じていたから後見人を買って出た、という面もありますが、純粋でまっすぐ(悪く言えば素直すぎて世の中渡っていけなさそう)なタルホくんのことが大好きだから、という理由が9割という設定です。この作品、確実にこれ以上新キャラは出ないので、次回はタルホくんをセンターに据えたエピソードを用意するつもりです(予定は未定)。6人の登場人物がそれぞれ印象に残ってくれると嬉しいなあと思います。

で、ネトゲなんですが。
もう引退して一年は経つので完全にスキルの回し方も忘れているでしょう。ぼくのメインはお嬢が担当した双剣(ウォリアー)です。細かくスキルを叩き込んでDPSを維持するクラスなので、うまくハマると脳内物質出まくりでとても楽しい職でした。タンクがいなかったら代わりもできるマルチ職なのでやりがいもあるし。ぼくは準廃まではいきませんがそれなりに頑張ってしまったクチなので、愛憎半ばで色々揶揄していますが、ライトに遊ぶのであれば未だに楽しいゲームだと思います。一度戦闘を経験すると、クリックするだけの戦闘ゲームには戻れないくらい(言い過ぎか?)。それだけに色々技術も要求されてしまうのですが、不思議と野良PTであまり上手でないプレイヤーと遊ぶのも苦ではなかった記憶が。といっても「よし次は勝つぞ!」みたいな自分に発破をかけるタイプのプレイヤーならですけど。一緒に頑張ろう!って思っちゃうし。
でも自分の未熟さを棚に上げて、環境のせいにしてしまうプレイヤー(属にいう地雷)とは流石に一緒には遊べませんでした。こういうのってゲームに限らず何事も同じで、仕事でもすぐに何かのせいにして自分は悪くない、という人がいたけど、できればそういう生き方はしたくないなあ、と思います。といっても人間は弱いのでなかなかそう美しくは行かないんですけどね。

漫画の世界は虚構でも綺麗事でも許されるので幸せな結末のお話を描きたいなあ。
(そいみぞがしあわせになるかどうかはまだわからないけどね……!)
posted by みなと at 20:17| Comment(3) | 雑記

2020年10月04日

気が付いたらイベント参加してるマン

ワロスで描いていた頃からずっと、なにかイベントがあって自分でも参加できそうor参加したいものがあればわりとノープランで参加するタイプです。在籍期間が短いから遠慮?もったいない。できる範囲で賑やかしの一部となりたい。
前から描きたかった作品のキャラをお借りしてメガネっ娘5人描かせていただきました。「返礼FAは不要です」って一言添えればよかったのかもしれない、と思いつつそれもなんか偉そうじゃね?と参加したあとでチキってしまい後手に回ってしまいました。お忙しいだろうに描いてくださったヒビキ先生と三ツ矢だいふく先生にはこちらでもお礼の気持ちを伝えておきたいと思います。本当にありがとうございました。
イベントは楽しいね。またそのうちFA描きましょう。

↓あとは追記的なものを(特に読む必要はないかと)。続きを読む
posted by みなと at 22:39| Comment(2) | 雑記